山登り

【レポート】2018.8.19-20「唐松・五竜岳縦走」

はじめに

恒例の夏山登山。今年は昨年大雨で断念した「唐松・五竜岳縦走」コースへのリベンジしようと話が持ち上がった。 一緒に行く計画をしていた友人宅が、7月に猛威を振った台風の影響で被災してしましい残念ながら不参加に。夫婦と息子の3人での夏山登山となりました。 唐松岳は北アルプスの「展望台」と言われる、ロープーウェイを使って景色の良きとこまで登れるため一般の観光客も大勢います。

ざっくりと登山計画を書くとこんな感じ

八方バスターミナル(第3駐車場)へ駐車。白馬八方駅からゴンドラとリフト使い、登山口にビューンっと移動。 唐松岳頂上山荘で昼食をとり、我々にはちょー危険な「馬の背」を通って五竜岳山荘で宿泊。 翌朝五竜岳山頂へアタックして下山という1泊2日で登ろうって計画。 昨年は、唐松で1泊して五竜岳でもう1泊するゆったりした予定を組んでいたが、綺麗好き?の息子が「山で2泊は無理」ってことで1泊2日になりました。 登山口からのルートはこんな感じ。

ガーミンで記録したデータ

距離 20.13 km
カロリー 3,327 C
総タイム 13:34:44
移動時間 7:24:39
平均ペース 40:27 分/km
平均移動ペース 22:05 分/km

利用した駐車場

八方第3駐車場

駐車場の説明

白馬八方温泉 郷の湯近くにある無料駐車場。アクセスは長野自動車道の安曇野インターチェンジを下りて高速道路沿いに県道310号線の白馬・大町方面へ直進、国道147号線との交差点を大町・松川方面へ右折、道なりに国道148号線の糸魚川・白馬方面へ進み、飯森駅を過ぎてJR大糸線を高架で跨いだ先で八方尾根方面へ左折する(もしくは上信越道の長野インターチェンジより県道35号線・国道19号線(長野南バイパス)を経て白馬長野有料道路からオリンピック道路を白馬方面へ向かう)。道なりに進み八方尾根入口の交差点(八方尾根スキー場 名木山エリア・ゴンドラの案内板あり)を左折すると右手すぐにトイレのある舗装駐車場と左手に未舗装駐車場がある。郷の湯は料金600円で12時00分~21時00分まで営業しており火曜日定休(温泉前に専用駐車場10台あり)。温泉街を歩いた先に八方アルペンラインのゴンドラアダムリフトの八方駅があり、兎平駅でアルペンクワッドリフト、グラートクワッドリフトと乗り継いで八方池山荘まで40分ほどで上がれる。八方アルペンラインの営業期間は6月初旬から10月下旬までで、料金は片道1550円(往復2900円/3日間有効)、始発は6時30分から8時00分まで日によって異なる。

八方の湯

 


ゴンドラとリフトで登山口を目指す

6:26 八方ゴンドラリフトアダム八方駅 ゴンドラで標高1,400mの兎平(ウサギダイラ)へ向かいます。 八方山荘までゴンドラとリフトを2回乗り継いで、片道1,500円程度で行ける

この時間でも結構人はいます。

6:49 兎平でリフトに乗り換え

7:00 ゴンドラ➡リフト➡リフトと乗り換えて黒菱平に到着   

昨年はここまで来たが、下山して来たレスキューの方に「台風並みの風が吹いているので登るのはやめた方がいい」((;゚Д゚)と言わ

れ素直に下山しました。

今年は、降水確率0%、快晴です

 

7:22 クライムオン!   7:53 八方山ケルンに到着!

八方尾根のケルンについて

ケルンについて調べたので記載しておきます

名称 標高 備考
第1ケルン 1820m 八方池山荘(1820m)付近
石神井ケルン 1974m トイレ手前にあり 「八方山ケルン」とも呼ばれる
第2ケルン 2005m トイレの先の右側(白馬岳側)にある 「息(やすむ)」ケルンとも呼ばれる
八方ケルン 2035m トイレの先の左側(五龍岳側)の高台にあり
第3ケルン 2080m 八方池上部の稜線上にあり
丸山ケルン 2430m 丸山にあり

この姿が見たかった、八方池に到着

8:20 八方池に到着 最高な天気で、パンフレットや雑誌で見るような姿を見ることができました。昨年、友人家族と一緒に見たかった。

  ここまでリフト降りて1時間ほどかかってますので、ロープーウェイできた軽装の観光客の方はそこそこ歩く必要があるので覚悟が必要です。

1時間半ほど歩いて休憩、晴れて景色は綺麗だが暑くて体力を奪われる

雪渓が残ってます すべてのケルンを確認できなかった、次はゆっくり見ていきたい

 


唐松岳頂上小屋に到着

10:55 唐松岳頂上山荘到着
ここで昼食をとる予定だったが時間が早かったのでカップラーメンで済ませました

【公式サイト】唐松岳頂上山荘

この先、こわーい「牛首」アタック

地図でもあるように、クサリありとなっています 写真で見るとこんな感じ、このルート半端ない。 

  尻、付いていてますやんw

うれしい雷鳥(ライチョウ)と遭遇

途中、珍客が。子連れのせいか怖がることなくのんびり歩いていた 

 

五竜岳山荘に到着

いつかはテント泊も体験したい

なんとか五竜岳山荘に到着、疲れていたので横になりたがったがすぐに寝るのはよくないのでぶらぶら散歩と写真撮影 残念ながら生ビールはないため、缶ビールで乾杯

夕食はカレー

夕食の「カレー」頂いて、夜景を楽しみゆっくり明日に備えます(お替りできました) びっしりと雲海が

 

五竜岳山頂に登る!

家族三人で頂上へ行くか少し悩む、山登りガチ勢ではない我々にとって前日の「牛首」で体力を使い果たしている しかし、一番行きたがらないと思っていた息子が「ここまで来たら頂上いっとこ!後悔しても次に来るかわからんで!!」って言うので疲れた体に鞭打って頂上目指します

6:30 五竜岳山頂へ向けアタック アタック開始後から手を使って登ります

荷物は山荘に置いてきたが、やっぱしんどい

クサリ場がつづく

五竜岳山頂到着

7:20 山頂に到着

登ってよかったぁ~五竜山荘が見えます

五竜岳、サイコーの天気で劔も立山も丸見え🏔 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

「THETA360の画像」グリグリやってみてください 山頂を堪能して、急な下りを降ります。 今回の帰りに携帯電話が故障したため、レポはここまでとなっております。 ダラダラと長くなりましたが、最後までお付き合いありがとうございました。


登山には、紙の地図も必ず持参しましょう

山と高原地図 鹿島槍・五竜岳 (山と高原地図 36)

山と高原地図 鹿島槍・五竜岳 (山と高原地図 36)

4,170円(10/28 11:20時点)
発売日: 2018/02/27
Amazonの情報を掲載しています
今回、手袋有難かったです。持って行って良かった

-山登り
-,

© 2020 アウトドア ガレージ  Powered by AFFINGER5