キャンプギア テント

バンドックの無骨テント ソロベースEXを徹底レビュー!

 

ロースタイルがしんどそうだと思い込んで手を出さなかったバップテント(軍幕系)でしたが、ジベタリアンをやってみたくてソロベースEXを買いました!

 

ぴーかん
野営っぽいことができるキャンプ場に最近よくいっており、タープを張らずに手軽にキャンプを楽しみたい…

あと地べたに座ったり寝転んで焚き火をしたり、無骨スタイルに挑戦してみたかったので購入することにした!!

 

本記事ではBUNDOK(バンドック) のソロ ベース EX特長や実際に使った感想を紹介

 

BUNDOK(バンドック) のソロ ベース EXの詳細を見る

 

 

BUNDOK(バンドック) について紹介

 

BUNDOK(バンドック) を紹介

BUNDOK(バンドック)  は、より手軽に、快適なアウトドアライフを楽しんでいただくために、
製品組み立ての簡素化・収納性・軽量化、スムーズな設計、リーズナブルな価格設定の商品を扱う日本企業の㈱カワセのブランド。

 

この記事でわかること

  • ソロベースシリーズのラインナップ
  • ソロベースシリーズの特長
  • ソロベースEXの外観
  • 実際使ってみて
  • 夏場はインナーで害虫予防
  • みんなのソロベースEXの使用例
  • ソロベースEX のまとめ
ぴーかん
ソロベース、見ていきます

 

 

BUNDOK(バンドック) のソロ ベースのラインナップ

バンドック ソロベースは、スカートやサイドフラップがついたソロベースEXソロベースの2タイプ

ソロベース(ノーマル)

出展:Amazon

先に発売されたノーマルのソロベース(上段)とスカートやサイドフラップ等が追加されてソロベースEX(下段)

カラーはそれぞれ渋い軍幕っぽいカーキ―と、無骨になりすぎないサンドベージュの2色展開

 

ぴーかん
私は冬の使用が多いのでスカートとサイドフラップがついたEXを購入したよ。

 

スカートやサイドフラップがない分、ノーマルタイプ方がコンパクトになります

 

ソロベースのスペック

 

ソロベースシリーズのスペック比較

サイズ ソロベースEX ソロベース
材質 フライ:コットン混紡生地(ポリエステル65%・綿35%)
インナー:ポリエステルメッシュ・フロア/ポリエステル
フレーム:アルミ合金
サイズ W360×D190×H110㎝
収納サイズ W47xD24xH24cm W40xD20xH20cm
重量 5.2kg 4.4kg
付属品 ポール:4本(アルミ合金)
ペグ:18本
ロープ:6本(フタマタロープ×2、約2mmロープ×2、約1mmロープ×2)
エンドキャップ:2個
収納ケース:1
取扱説明書

 

ソロベース の特長

手軽に無骨キャンプができるバンドックソロベースの特長を紹介

 

ソロベースの特長

  1. 使用するための付属品がそろっている
  2. ポリコットン素材で燃えにくい
  3. 雨に強い撥水加工がされている
  4. 設営が簡単

 

1.使用するための付属品がそろっている

付属品の写真

ポール:4本(アルミ合金)
ペグ:18本
ロープ:6本(フタマタロープ×2、約2mmロープ×2、約1mmロープ×2)
エンドキャップ:2個
収納ケース:1
取扱説明書

インナーやフラップを立ち上げるポールなど、使用するのに付属品がそろっているためすぐにキャンプで使用できる

 

ぴーかん
ハンマーとペグはスノーピークを使用。付属のペグはしっかりしているとは言えないので、スノーピークのソリステ20を使ってます
スノーピーク(snow peak) ペグハンマー PRO.C N-001

スノーピーク(snow peak) ペグハンマー PRO.C N-001

7,040円(05/24 19:26時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

 

2.ポリコットン素材で燃えにくい

パップテントは焚き火台とテントの距離を近くしたいので燃えにくい生地は助かります

 

地べたに座って目の前に焚き火台を置くと最高なんです♪

 

3.雨に強い撥水加工がされている

雨キャンプで使用したが、撥水がしっかりしており雨水の浸水もなかった

 

4.設営が簡単

ぴーかん
慣れれば5分もあれば設営可能
設営方法もおって紹介します。

 

ソロベースEX の外観

正面(ジムニーとの比較)

後面

 


サイドフラップでプライバシー保護!


誰もが煙突出すとこと間違える通気口

 


付属のエンドキャップで雨漏り防止


主張しすぎないロゴがいい

 

ソロベースのまとめ

軍幕テントの弱点を今風にうまくカバーしたテントだと思います。お値段もお手頃なんで気になる方は、一緒にジベタリアンを楽しみましょう!

 



-キャンプギア, テント

Copyright © ジムニーでキャンプ! , All Rights Reserved.